20160617-00058909-roupeiro-000-6-view
蠑抄宗々唹罎任后

梅雨も中休みなのか連日暑くなってきましたね><
明日6/28は今年最初の猛暑日になりそうです><

太平洋高気圧がかなり元気らしく、来週半ばは天気崩れる予報ですが週末は再度猛暑日予定ですね( ゚Д゚)
そのまま梅雨明け予報・・・なんて事もあるかもですね(笑)





昨年の今頃にもアジサイの話題を出しました。
花の色は土壌が酸性ほど青く、中性〜アルカリ性によるほど赤・ピンク色に変わると書きましたが、写真のように色が混じって咲いている場合もあります。
しかも1本1本別々に咲いている訳でもないのになぜなのか?↓
9d3695f6f0d5eff0a675b9efea69d9d3

紫陽花の中にはアントシアニンという色素が含まれていますが、アントシアニンには土壌の中に含まれているアルミニウムと影響し合って色が変わるという性質があります。
土壌には酸性の土壌とアルカリ性の土壌があり、酸性の土壌の場合はアントシアニンがアルミニウムを吸収しやすく、アルカリ性の土壌ではアントシアニンがアルミニウムを吸収しにくいという特徴があります。酸性の土壌が多い日本では青系の紫陽花が多く、アルカリ性の土壌が多いヨーロッパでは赤系の紫陽花が多い傾向にあるのはそのためです。紫陽花の花の色はどれだけアルミニウムを吸収したかによって変わりますから、同じ株であっても色味が変わってくることがあります。



↑との事でした!花自体のアルミニウム吸収率で色の変わりが違うのですね。

アジサイの花は色によって花言葉が違うようです。

(青)辛抱強い愛情、冷淡、無常、高慢、移り気
(赤)元気な女性


E38182E38197E38299E38195E38184E799BD1200x1024
(白)寛容、気の迷い、ひたむきな愛情
gaajis_1
(ガクアジサイ)謙虚
KIMG4902-1
(秋色アジサイ)家族団らん、結びつき

秋色アジサイ(紫陽花)とは、もともとは品種名ではなく、通常のアジサイの開花時期である初夏に咲いた花が、気温の変化などによって、時間をかけてアンティークカラーの色あいに変化した状態のことを「秋色アジサイ」と言います。

個人的にはアジサイは季節を感じる花なので好きですね。赤の花言葉が元気な女性というのは良く分かりませんが(笑)

ムシムシジメジメの季節です。体調管理には皆さんお気をつけ下さい(^^)/